世界が癌の名医を必要としている


ガン治療に最も効果的な食事法

日本だけではなく、世界中で癌が大きな問題となっています。今に始まったことではないとはいえ、死因の第一位になったことは、大きなインパクトを持って報道されることになりました。悪性度の強いすい臓がん肺がんを始め、女性の病気である子宮がん乳がん、対照的に男性に特有の前立腺がんもあります。また、食事と大きな関わりをもつ胃がん大腸がんも深刻な問題です。

日本人だけではなく、世界で大きな問題となっていることは注目に値するでしょう。

以下Yahooニュースより引用
世界の死因、がんが2010年にトップに
12月10日15時38分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081210-00000580-reu-int

 [ワシントン 9日 ロイター] 世界保健機関(WHO)の付属機関である国際がん研究機関は9日、貧困国の喫煙率上昇などで、がんが2010年に心臓病を抜き、世界全体の死因トップになるという研究報告を発表した。
 それによると、今年度にがんと診断された人の数は世界全体で推定1240万人で、これが2030年までに2640万人に増えると予想。また、がんによる死亡も今年度の760万人から1700万人に増加するとみている。
 男性では肺がん、女性では乳がんが最も多く、女性よりも男性の方が、がんで死亡する数が多いという。
 がん患者とがんによる死亡が増加している要因は、多くの国で高齢化が進んでいること、また貧困国で喫煙率が上昇していることが挙げられている。