大腸がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がんなら名医に治療してもらうことが理想です。命に関わる病気であることを考えると、名医の存在を無視するわけには行かないでしょう。男性の方が女性よりも発症する確率・死亡率ともに2倍ほどあるので、男性はより切実に考えなくてはいけません。

発症したとしても、大腸がんの症状として特別なものがあるわけではなく、血便や残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなどがあります。初期症状の間に見つけることが生存率を高めるためには重要なのですが、痔などのほかの病気と混同して受診が遅れてしまうことも多くあります。初期症状の段階では、あまり自覚症状がないことが通常です。

大腸がんの検診では、便潜血反応や注腸造影検査、大腸内視鏡検査、腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)、画像診断(CT検査、MRI検査、超音波検査、PET)などを用います。検診でこれらのすべてを用いるのではなく、注腸造影検査や腫瘍マーカーを計測する血液検査で異常が疑われる場合に他の方法で調べるといったように、一部のものを組み合わせていくことになります。

治療には内視鏡的治療や外科療法、放射線治療、化学療法があります。大腸がんの内視鏡的治療内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)と内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)があり、これらで切除した病変を観察することになりますが、その結果次第では、手術が必要なく治療が済む場合もあります。

大腸がんの手術にはいくつかの術式があります。結腸がんの場合には、機能障害がほとんど起こらず、結腸切除術が行われます。直腸がんの手術としては、自律神経温存術や肛門括約筋温存術、局所切除があり、必要に応じて人工肛門を作ることになります。

この他に、開腹を伴わず、お腹に小さな孔を数箇所開けるだけで済む腹腔鏡手術を行う場合もあります。腹腔鏡手術は、体にかかる負担が少ないという利点があるのですが、高度な技術を要するため、大腸がんの名医に執刀してもらうのがよいでしょう。十分な経験を積んでいない専門医では十分に運用できない可能性がありますし、そもそも病院によっては腹腔鏡手術を実施していない場合もあります。

放射線療法とは、放射線の照射によって癌細胞を死滅させるものです。大きく分けると、大腸がんの手術が可能な場合に、再発の抑制や病変のサイズを縮小することなどを目的にする補助放射線療法と、手術ができない場合に痛みや出血を緩和することや延命を図る緩和的放射線療法があります。

化学療法では、大腸がんに抗がん剤を用いることになります。使われる抗がん剤としては、フルオロウラシル(5-FU)、ロイコボリン、イリノテカン(CPT-11)、オキサリプラチン、UFT/LV、UFT、S-1が代表的なものです。

大腸がんには病期(ステージ)による分類があります。ステージの分類としては、デュークス分類とTNM分類があります。どちらでも共通していることは、末期に向けてステージが進行するごとに5年生存率が下がっていくということです。名医が力を尽くしても、末期に至ってからでは助からないこともあります。その意味でも、早期発見は重要なことです。

大腸がんを完治させるために
大腸がんが再発することを予防するために、放射線治療や抗がん剤を用いることがあります。たとえば、術後補助化学療法では、手術を行った後に抗がん剤を投与します。これらを行うことによって、完治の可能性を高めるのです。

大腸がん名医と呼ばれる専門医のいる病院
また、闘病記を活用する方法もあります。闘病記に大腸がん名医や病院についての記載があることもありますので、それを探すのです。闘病記は患者さんが書いているもののため、口コミに近い性質の情報を集めることもできます。

大腸がん検査や治療の疑問相談室
いくら初期症状でも大腸がんを告知されることはショックだと思います。しかし、初期の段階で見つけることができたというのは、不幸中の幸いといえることです。末期に至ってから見つかってしまっても、治療の効果が薄いことが多いのです。

大腸がんの放射線治療にあたって知っておいてほしいこと
あまりにも毎日の痛みがひどいと、生きていても苦痛になってしまいます。たしかに大腸がんの放射線治療は有効な手法ではありますが、必ずしもベストな選択肢であるとは限りません。そのため、十分な話し合いと現状把握をしていなくては、最善の治療方針を確立することはできません

大腸がんの名医を探しているなら
結腸がんの手術についてはリンパ節郭清によって、リンパ節とともに結腸を切除します。直腸がんの手術は進行の程度によって自律神経温存術や肛門括約筋温存術、局所切除などがあり、人工肛門を設けることも検討します。

癌(がん・ガン)の基礎知識
そのため、定期的に検査を受けておくことが大腸がんの初期症状を見逃さないために有効な方策となります。健康な状態が続くと、それが永続すると錯覚しがちです。事態は常に変化しているのに、現在の世界が安定しているかのような行動を取ってしまいがちなので、少しぐらい体調が悪くても、検査に行くのが遅れがちだという事実もあります。