肺がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

肺がん名医に治療してもらって、健康な生活を取り戻しましょう。転移が進んでいるような場合を除き、多くの場合に名医と共に完治や延命を目指すことができますので、落ち着いて処置を行うことが必要です。

まず、肺がんの原因としては、タバコがもっとも大きなものとなっています。自らタバコを吸う場合はもちろん、受動喫煙でも原因となります。他にはアスベスト、シリカ、ヒ素、クロムなども発症のリスクを高める原因です。

症状としては、胸痛や呼吸時の異常な音、咳、息切れ、血痰、声がかれるといったことが一般的です。これらの肺がんの症状は風邪と似ており、初期症状のうちには誤解してしまうこともあります。このような症状が続くようなら、病院で検査を受けた方がよいでしょう。

病院に行って肺がんの検査を受ける際には、細胞検査や気管支鏡検査、穿刺吸引細胞診、CTガイド下肺針生検、胸膜生検、リンパ節生検、CT検査、MRI検査、骨シンチグラフィ、PET、腫瘍マーカーなどを用います。生検とは、病巣の一部を針で採取し、病理医が顕微鏡で観察して診断を下すものです。

病期(ステージ)としては、非小細胞がんの場合には潜伏がんと0~Ⅳ期に分類されています。小細胞がんは潜伏がんと0~Ⅳ期という分け方のほかに、限局型と進展型に分類されることもあります。

治療は他の多くの癌と同じように、手術による外科療法、放射線治療、抗がん剤を用いる化学療法が中心となります。それ以外に内視鏡治療(レーザ治療)や免疫療法、食事療法などを用いることがあります。

肺がんの手術が行われるのは、比較的早期の場合です。転移が進んでしまうと、名医であっても手術を行うことが難しくなり、仮に手術を行っても切除しきれない部分が残り、再発の危険が高まります。また、術後に抗がん剤を用いることもあります。

放射線療法はその名の通り、放射線によって癌細胞を死滅させるものです。脳へ転移することを予防する目的で脳放射線治療を行うこともあります。手術と放射線療法は、局所療法とされており、全身療法の化学療法と区別されます。

化学療法は抗がん剤を静脈注射、点滴静脈注射、内服によって取り込みます。肺がんの抗がん剤としては、シスプラチン、カルボプラチン、ネダプラチン、マイトマイシンC、ビノレルビン、イリノテカン、パクリタキセル、ドセタキセル、ゲムシタビン、ティーエスワン、ゲフィチニブ、エトポシド、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、イフォマイド、アムルビシンなどがあります。

これらの治療を経験豊富な肺がんの名医から受け、完治を目指しましょう。また、治療に先立って説明を受けることになりますが、不明点や気になることは必ず質問しておきましょう。曖昧なまま同意してしまうことはやめてください。