卵巣がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

卵巣がん名医から適切な治療を受けることによって、名医とともに症状を克服し、完治を果たしましょう。

年齢別に見ると、40歳代から増加していきます。死亡率としては、50歳以降で増加し、高齢になるほど高くなります。そのため、40歳頃からは意識的に注意しておいた方がよいでしょう。

初期症状のうちは自覚症状がないことがほとんどのため、転移が始まった状態で発見される方が多くなっています。腹膜播種と呼ばれる転移が多く見られます。この腹膜播種が進むと腹水がたまるようになります。他に、リンパ節転移も多く起こります。

転移がなければ、卵巣がんの手術を行うことによって、悪性腫瘍を切除しきれることが多いのですが、転移がある状態ではすべての悪性腫瘍を取り除くことが難しく、切除しきれなかったものについては、抗がん剤による化学療法や放射線治療を行います。

卵巣がんの検診としては、超音波、X線によるCT,MRIなどの画像診断を用います。また、血液中のCA125という腫瘍マーカーを調べることで、良性か悪性化の判定を行います。転移がある場合では、腫瘍マーカーであるCA125がほとんどの場合、陽性になっています。

病気(ステージ)はⅠ期からⅣ期に分かれ、卵巣がんのステージがⅠ期とⅡ期の場合には手術で腫瘍を切除できるのですが、ステージがⅢ期やⅣ期に達してしまうと手術だけでは完全に取り除けなくなり、進行がんと言われるようになります。ステージが進行するほど、5年生存率、10年生存率ともに低下します。

治療方針については、卵巣がんの名医とよく相談して決めましょう。説明を受けるだけではなく、自分の希望も病院側に伝えることが大切です。大別すると、外科療法、化学療法、放射線治療に分かれます。

外科療法(手術)には卵巣の切除、大網切除、後腹膜リンパ節郭清、腸管などの合併切除があります。手術の執刀は、卵巣がんの名医と呼ばれる専門医に任せることで、成功の確率を高めることができるでしょう。

化学療法とは抗がん剤を用いる治療で、癌細胞だけではなく、正常な細胞にもダメージを与え、副作用も起こります。代表的な副作用としては、血液中の白血球と血小板の減少や貧血、吐き気、食欲不振、脱毛などがあります。

放射線治療は高エネルギーX線を体の外から照射する外照射と、放射性リンの溶液を腹腔内に注入する方法があります。最近では、放射線治療より化学療法が用いられることが多くなっています。

卵巣がん名医のいる病院
闘病記を活用する方法もあるのですが、この場合に問題なのは、著者である患者さんの個人的な体験に基づく情報が多くなってしまい、客観的な情報が少なくなってしまいます。卵巣がんの名医がいる婦人科の病院を探す場合、これまでの治療実績を客観的に評価することが欠かせません。

卵巣がん名医のいる病院
卵巣がん名医には体の症状を治療することだけではなく、心のケアをすることも求められています。多くの患者さんと真剣に向き合ってきたからこそ、見えてくるものもあります。当事者の患者さんは、どうしても感情的になってしまうことがありますので、冷静に軌道修正する役割を担うのが、他ならぬ名医でしょう。


卵巣がん名医の見分け方

いくら卵巣がん名医がいても、暗く無機質な病院の雰囲気が苦手で嫌になってしまうという現状は改善してほしいものです。居酒屋チェーン和民が介護事業に参入していますが、医学界にも変革を促す新しい風が必要な時期に差し掛かっているのかもしれません。飲食店であれば接客業なので、どうやって顧客を楽しませるかということには心を砕いています。

卵巣がん名医からうける手術
身の回りの環境をシンプルにしていくと、卵巣がんの治療だけが残ってしまうという状況になることに気付きます。ただ生きるためにがんばっているだけで、生きる目的を満足に考えてもいないのです。もう若くはないのですから、いまさら人生設計をやり直すような年齢でもないはずなのですが。

卵巣がんの再発を防ぐには
完治と卵巣がん再発防止という両軸が確立されてはじめて、患者は安心して生きていけるというものです。病気が治ったら会社に戻って社会復帰を果たそうという人もいるのでしょうが、いつ発症するか分からない状態ではそれもままなりません。日本という先進国に生まれた利点を最大限に活かすためにも主治医とよく相談し、自分がどこに重点をおいて闘病生活を送るつもりなのかという思いを共有しておきましょう。