FC2ブログ

世界が癌の名医を必要としている


ガン治療に最も効果的な食事法

日本だけではなく、世界中で癌が大きな問題となっています。今に始まったことではないとはいえ、死因の第一位になったことは、大きなインパクトを持って報道されることになりました。悪性度の強いすい臓がん肺がんを始め、女性の病気である子宮がん乳がん、対照的に男性に特有の前立腺がんもあります。また、食事と大きな関わりをもつ胃がん大腸がんも深刻な問題です。

日本人だけではなく、世界で大きな問題となっていることは注目に値するでしょう。

以下Yahooニュースより引用
世界の死因、がんが2010年にトップに
12月10日15時38分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081210-00000580-reu-int

 [ワシントン 9日 ロイター] 世界保健機関(WHO)の付属機関である国際がん研究機関は9日、貧困国の喫煙率上昇などで、がんが2010年に心臓病を抜き、世界全体の死因トップになるという研究報告を発表した。
 それによると、今年度にがんと診断された人の数は世界全体で推定1240万人で、これが2030年までに2640万人に増えると予想。また、がんによる死亡も今年度の760万人から1700万人に増加するとみている。
 男性では肺がん、女性では乳がんが最も多く、女性よりも男性の方が、がんで死亡する数が多いという。
 がん患者とがんによる死亡が増加している要因は、多くの国で高齢化が進んでいること、また貧困国で喫煙率が上昇していることが挙げられている。

前立腺がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

前立腺がん名医を探すなら、泌尿器科の病院も対象になります。泌尿器科の名医が前立腺がんの名医であるとは限りませんが、確認するだけの価値はあるでしょう。

一般に、前立腺がんは65歳異常の方に多く見られます。進行が緩やかである上、高齢になってからの発症が多いため、寿命に影響を及ぼさないこともあり、あえて積極的に治療を行わずに待機療法を選択することもあるという特徴を持っています。

ただし、すべての前立腺がんが寿命に悪影響がないわけではありませんので、基本は初期症状のうちに早期発見をし、治療を開始することになります。その際、治療を名医から受けることができれば、質の高い医療を享受することができるでしょう。

検査としては、PSA検査や前立腺生検、CT検査、MRI検査、骨シンチグラムなどがあります。PSA検査とは、前立腺特異抗原(PSA)という腫瘍マーカーを使う方法で、PSA値が異常を示していると、前立腺に異常をきたしていることが多いため、重要な指標となります。ただし、他の癌における腫瘍マーカーと同じように、万能なものではなく、PSA値の異常と癌の発生が必ずしも結びついているわけではありません。

生検査では、針で組織を採取して、顕微鏡で観察することで癌細胞の有無を調べます。CT検査やMRI検査では、癌の有無や存在する場所、転移の状態などを調べます。骨シンチグラムでは、骨の異常があるかを判定することで、骨転移を検査します。

検査で前立腺がんが見つかると治療に移ることになりますが、前述の待機療法の場合には、経過を観察しながら、あえて治療を行わないことになります。他の方法としては、手術や放射線治療、化学療法、内分泌療法があります。どのような方法を採用するかによって、症状の改善のされ方が変わってきますので、名医とよく相談して決めましょう。

手術を行う場合には、恥骨後式前立腺全摘除術と会陰式前立腺全摘除術があります。手術を行うことによって、排尿障害や性機能障害が起きることもありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

放射線治療や抗がん剤を用いる化学療法にも、それぞれ副作用がありますので、症状の改善や余命の延長の効果と、副作用による体への負担とを秤にかけて考える必要があります。なお、放射線治療には、体の外から放射線を照射する外照射法のほかに、密封小線源療法(組織内照射法)を用いることもあります。

内分泌療法はホルモン療法とも呼ばれ、精巣を切除するか、LH-RHアナログや抗男性ホルモン剤などを用いることによって男性ホルモンを遮断する治療法です。内分泌療法は転移のある場合に適用されるため、手術ができない場合でも使えることがあります。副作用としてはホットフラッシュと呼ばれる現象が一般的で、急な発汗やのぼせなどが生じます。

治療方法の選択は、患者さんの年齢や全身状態、病期(ステージ)などを考慮して決定することになります。前立腺がんの名医から納得がいくまで説明を受け、不明点はそのままにせずに質問しておきましょう。

前立腺がん手術を名医から受けられる病院
そのため、生存率は前立腺がん治療のレベルを計る指針としては、不十分であるということになります。結局のところ、たった一つのデータで専門医や病院のレベルを知ることはできないというのが、実際のところでしょう。複合的な評価基準で名医を判定するしかありません。

前立腺がんの名医はこうして見つける
抗がん剤や放射線治療にせよ、手術にせよ、初期の段階で行うことが有効です。前立腺がんの名医と二人三脚で戦うにしても、できるかぎり有利な条件で病気と戦うにこしたことはありません。そのためにも、定期的な検診等が必要になるのです。

前立腺がん名医と呼ばれる専門医
他にも前立腺がん名医を探す方法はいくつかありますが、それぞれに問題を抱えているのが実態です。闘病記や雑誌の特集、知人からの紹介について、それぞれの方法について説明していきましょう。

前立腺癌名医100選
人探しをする時、何か手がかりがなければ探偵にでも頼むぐらいしか方法がないのと同じように、前立腺癌名医を見つけようにも心当たりがないのであれば、専門家に頼むか、手がかりとなる情報を集めるしかありません。あいにく、名医を捜索する専門家と言う職業はないので、情報を収集することになるでしょう。そこで得られた情報をもとに、自らの足で見つけると言うことになります。

名医に前立腺がん治療を受けましょう
名医に前立腺がん治療をしてもらうことによって、症状を大きく改善することができるのであれば、転院するだけのメリットがあると考えることができるでしょうか?もし、今のままでも完治することができる見通しが立っていて、それほど期間も長くはないというのであれば、あえて主治医を変える必要はないかもしれません。

大腸がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がんなら名医に治療してもらうことが理想です。命に関わる病気であることを考えると、名医の存在を無視するわけには行かないでしょう。男性の方が女性よりも発症する確率・死亡率ともに2倍ほどあるので、男性はより切実に考えなくてはいけません。

発症したとしても、大腸がんの症状として特別なものがあるわけではなく、血便や残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなどがあります。初期症状の間に見つけることが生存率を高めるためには重要なのですが、痔などのほかの病気と混同して受診が遅れてしまうことも多くあります。初期症状の段階では、あまり自覚症状がないことが通常です。

大腸がんの検診では、便潜血反応や注腸造影検査、大腸内視鏡検査、腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)、画像診断(CT検査、MRI検査、超音波検査、PET)などを用います。検診でこれらのすべてを用いるのではなく、注腸造影検査や腫瘍マーカーを計測する血液検査で異常が疑われる場合に他の方法で調べるといったように、一部のものを組み合わせていくことになります。

治療には内視鏡的治療や外科療法、放射線治療、化学療法があります。大腸がんの内視鏡的治療内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)と内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)があり、これらで切除した病変を観察することになりますが、その結果次第では、手術が必要なく治療が済む場合もあります。

大腸がんの手術にはいくつかの術式があります。結腸がんの場合には、機能障害がほとんど起こらず、結腸切除術が行われます。直腸がんの手術としては、自律神経温存術や肛門括約筋温存術、局所切除があり、必要に応じて人工肛門を作ることになります。

この他に、開腹を伴わず、お腹に小さな孔を数箇所開けるだけで済む腹腔鏡手術を行う場合もあります。腹腔鏡手術は、体にかかる負担が少ないという利点があるのですが、高度な技術を要するため、大腸がんの名医に執刀してもらうのがよいでしょう。十分な経験を積んでいない専門医では十分に運用できない可能性がありますし、そもそも病院によっては腹腔鏡手術を実施していない場合もあります。

放射線療法とは、放射線の照射によって癌細胞を死滅させるものです。大きく分けると、大腸がんの手術が可能な場合に、再発の抑制や病変のサイズを縮小することなどを目的にする補助放射線療法と、手術ができない場合に痛みや出血を緩和することや延命を図る緩和的放射線療法があります。

化学療法では、大腸がんに抗がん剤を用いることになります。使われる抗がん剤としては、フルオロウラシル(5-FU)、ロイコボリン、イリノテカン(CPT-11)、オキサリプラチン、UFT/LV、UFT、S-1が代表的なものです。

大腸がんには病期(ステージ)による分類があります。ステージの分類としては、デュークス分類とTNM分類があります。どちらでも共通していることは、末期に向けてステージが進行するごとに5年生存率が下がっていくということです。名医が力を尽くしても、末期に至ってからでは助からないこともあります。その意味でも、早期発見は重要なことです。

大腸がんを完治させるために
大腸がんが再発することを予防するために、放射線治療や抗がん剤を用いることがあります。たとえば、術後補助化学療法では、手術を行った後に抗がん剤を投与します。これらを行うことによって、完治の可能性を高めるのです。

大腸がん名医と呼ばれる専門医のいる病院
また、闘病記を活用する方法もあります。闘病記に大腸がん名医や病院についての記載があることもありますので、それを探すのです。闘病記は患者さんが書いているもののため、口コミに近い性質の情報を集めることもできます。

大腸がん検査や治療の疑問相談室
いくら初期症状でも大腸がんを告知されることはショックだと思います。しかし、初期の段階で見つけることができたというのは、不幸中の幸いといえることです。末期に至ってから見つかってしまっても、治療の効果が薄いことが多いのです。

大腸がんの放射線治療にあたって知っておいてほしいこと
あまりにも毎日の痛みがひどいと、生きていても苦痛になってしまいます。たしかに大腸がんの放射線治療は有効な手法ではありますが、必ずしもベストな選択肢であるとは限りません。そのため、十分な話し合いと現状把握をしていなくては、最善の治療方針を確立することはできません

大腸がんの名医を探しているなら
結腸がんの手術についてはリンパ節郭清によって、リンパ節とともに結腸を切除します。直腸がんの手術は進行の程度によって自律神経温存術や肛門括約筋温存術、局所切除などがあり、人工肛門を設けることも検討します。

癌(がん・ガン)の基礎知識
そのため、定期的に検査を受けておくことが大腸がんの初期症状を見逃さないために有効な方策となります。健康な状態が続くと、それが永続すると錯覚しがちです。事態は常に変化しているのに、現在の世界が安定しているかのような行動を取ってしまいがちなので、少しぐらい体調が悪くても、検査に行くのが遅れがちだという事実もあります。

肺がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

肺がん名医に治療してもらって、健康な生活を取り戻しましょう。転移が進んでいるような場合を除き、多くの場合に名医と共に完治や延命を目指すことができますので、落ち着いて処置を行うことが必要です。

まず、肺がんの原因としては、タバコがもっとも大きなものとなっています。自らタバコを吸う場合はもちろん、受動喫煙でも原因となります。他にはアスベスト、シリカ、ヒ素、クロムなども発症のリスクを高める原因です。

症状としては、胸痛や呼吸時の異常な音、咳、息切れ、血痰、声がかれるといったことが一般的です。これらの肺がんの症状は風邪と似ており、初期症状のうちには誤解してしまうこともあります。このような症状が続くようなら、病院で検査を受けた方がよいでしょう。

病院に行って肺がんの検査を受ける際には、細胞検査や気管支鏡検査、穿刺吸引細胞診、CTガイド下肺針生検、胸膜生検、リンパ節生検、CT検査、MRI検査、骨シンチグラフィ、PET、腫瘍マーカーなどを用います。生検とは、病巣の一部を針で採取し、病理医が顕微鏡で観察して診断を下すものです。

病期(ステージ)としては、非小細胞がんの場合には潜伏がんと0~Ⅳ期に分類されています。小細胞がんは潜伏がんと0~Ⅳ期という分け方のほかに、限局型と進展型に分類されることもあります。

治療は他の多くの癌と同じように、手術による外科療法、放射線治療、抗がん剤を用いる化学療法が中心となります。それ以外に内視鏡治療(レーザ治療)や免疫療法、食事療法などを用いることがあります。

肺がんの手術が行われるのは、比較的早期の場合です。転移が進んでしまうと、名医であっても手術を行うことが難しくなり、仮に手術を行っても切除しきれない部分が残り、再発の危険が高まります。また、術後に抗がん剤を用いることもあります。

放射線療法はその名の通り、放射線によって癌細胞を死滅させるものです。脳へ転移することを予防する目的で脳放射線治療を行うこともあります。手術と放射線療法は、局所療法とされており、全身療法の化学療法と区別されます。

化学療法は抗がん剤を静脈注射、点滴静脈注射、内服によって取り込みます。肺がんの抗がん剤としては、シスプラチン、カルボプラチン、ネダプラチン、マイトマイシンC、ビノレルビン、イリノテカン、パクリタキセル、ドセタキセル、ゲムシタビン、ティーエスワン、ゲフィチニブ、エトポシド、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、イフォマイド、アムルビシンなどがあります。

これらの治療を経験豊富な肺がんの名医から受け、完治を目指しましょう。また、治療に先立って説明を受けることになりますが、不明点や気になることは必ず質問しておきましょう。曖昧なまま同意してしまうことはやめてください。

皮膚がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

皮膚がん名医は高いレベルの治療を受ける際に、欠かせない存在です。名医の助けを受けながら、完治を目指していきましょう。

紫外線が皮膚がんの原因になることは広く知られていますが、その他に放射線や熱傷瘢痕も原因となります。また、皮膚のどの組織細胞から発生したかで多くの区分があり、表皮の基底層の細胞から発生した基底細胞がんと、有きょく層から発生した有棘細胞がんが多くなっています。表皮内にとどまっている場合には表皮内がんと呼ばれ、この段階なら転移の心配はありません。転移を起こしやすいものとしては、色素生産細胞が悪性化した悪性黒色腫(メラノーマ)があります。

治療には早期発見が必要ですが、皮膚がんは体の表面に症状があらわれるため、発見しやすいという特徴があります。症状としては、表皮内がんの場合では褐色や赤褐色の発疹などができます。有棘細胞がんは男性の方が多い傾向があり、腫瘍や潰瘍ができ、膿を持つこともあります。基底細胞がんは頭や顔に発生し、ほくろに似たものができて、やがて腫れとなります。悪性黒色腫(メラノーマ)は色素斑や隆起を伴います。

皮膚がんの検査としては、専門医の問診のほか、病理組織学的検査、迅速組織検査、細胞診検査、胸部X線検査や腹部超音波検査、全身シンチグラム、CT検査、MRI検査などが行われます。

他の多くの癌と同じように、治療の中でも中心となるのは手術です。その他に抗がん剤や放射線治療があり、これらを組み合わせて用いることもあります。治療方針の決定については、名医と相談することが好ましいでしょう。また、セカンドオピニオンを取り入れることもできます。

どのような治療方法を選ぶかによって、当然ながら成功率や妥当性、副作用の出方が異なります。皮膚がんの名医と呼ばれる専門医がいる病院を見つけ、安心の治療を受けましょう。

皮膚がんの名医と完治のための基礎知識
放射線療法は高エネルギーX線などの放射線を照射する方法で、外照射と腔内照射に分類されます。化学療法とは抗がん剤を用いる方法で、皮膚がんの場合には局所化学療法を用いることが一般的です。

皮膚がん名医と権威と
未来への投資は必要ですが、その未来がいつのことであるのかをよく認識することが必要です。権威や皮膚がん名医を見つけるということは、すぐにでも実現させなくては、完治の可能性が時間の経過とともに下がっていく一方なのですから、余裕があるものではありません。

皮膚がんの権威
たとえば、抗がん剤の投与により治療をするということであれば、効果を高めるだけではなく、副作用をいかに小さく抑えるか、患者の体質や病気の進行度合いとの相性はどうかということが検討材料になります。経験だけでは限界がありますし、蓄積や共有もできません。理論に基づいた研究を皮膚がんの権威が行うことにより、これまでの医学経験が共有され、そこから進化が起こります。

末期皮膚がんの行き着くところ
即効性のある末期皮膚がんの特効薬が発見されれば、世界中で一大旋風を巻き起こすことでしょう。ノーベル賞を受賞できるかどうかはわかりませんが、画期的な新薬の誕生は、多くの患者が切望するものです。まだ手遅れにならないうちに、そんな大発明が成功することを願います。

皮膚がんの食事療法の問題点
告知を受けるまでは聞きなれなかった皮膚がんの食事療法が気になるようになったのは、それだけ深刻な危機感を持つようになった証拠でしょう。人間は興味のあるものは目に入りますが、必要のない情報は視界に入ってもわざわざ認識しないものです。