新しい抗がん剤の可能性と危険


ガン治療に最も効果的な食事法

癌に関する研究が進み、発症の原因の特定や遺伝子の解析も進んでいます。そこから新たな抗がん剤が生まれようとしていることには期待が持てますが、イレッサのように新たな問題を生じさせる原因になりかねないのも事実です。慎重さと迅速さという相反する要素を上手に共存させることが、癌の最新治療の開発には求められます。

<がん>誘発するたんぱく質を特定 九大グループ
1月19日8時27分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090119-00000010-mai-soci

 九州大生体防御医学研究所の中山敬一教授(細胞生物学)のグループが、がんを抑制する遺伝子「p53」の働きを妨げるたんぱく質を特定した。このたんぱく質はがんを誘発する機能があり、増殖すると、がんを発症しやすくなると考えられている。たんぱく質の働きを解明することで、新たな抗がん剤の開発につながる可能性もある。18日付の英科学誌「ネイチャー・セル・バイオロジー」電子版で発表した。

 p53は、異常な速さで増殖するがん細胞などを根絶するため、細胞を自滅に導く機能がある。だが、がん細胞と同レベルの速さで著しく増殖する胎児期の細胞はp53の影響を受けず、その理由は謎とされてきた。

 研究グループは、p53に結合し、胎児期に多く生産されるたんぱく質「CHD8」に着目。胎児期のマウスによる実験で、CHD8が結合したp53が機能しなくなることを突き止めた。また、これまでの研究では、培養したがん細胞ではCHD8の発現量が多く、マウスにCHD8を皮下注射するとがんを発症する傾向も出ているという。

 中山教授は「CHD8はがんを誘発する“がん遺伝子”といえる。CHD8の機能を抑える薬を開発すれば新しい抗がん剤になると期待できる」と話している。【門田陽介】

卵巣がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

卵巣がん名医から適切な治療を受けることによって、名医とともに症状を克服し、完治を果たしましょう。

年齢別に見ると、40歳代から増加していきます。死亡率としては、50歳以降で増加し、高齢になるほど高くなります。そのため、40歳頃からは意識的に注意しておいた方がよいでしょう。

初期症状のうちは自覚症状がないことがほとんどのため、転移が始まった状態で発見される方が多くなっています。腹膜播種と呼ばれる転移が多く見られます。この腹膜播種が進むと腹水がたまるようになります。他に、リンパ節転移も多く起こります。

転移がなければ、卵巣がんの手術を行うことによって、悪性腫瘍を切除しきれることが多いのですが、転移がある状態ではすべての悪性腫瘍を取り除くことが難しく、切除しきれなかったものについては、抗がん剤による化学療法や放射線治療を行います。

卵巣がんの検診としては、超音波、X線によるCT,MRIなどの画像診断を用います。また、血液中のCA125という腫瘍マーカーを調べることで、良性か悪性化の判定を行います。転移がある場合では、腫瘍マーカーであるCA125がほとんどの場合、陽性になっています。

病気(ステージ)はⅠ期からⅣ期に分かれ、卵巣がんのステージがⅠ期とⅡ期の場合には手術で腫瘍を切除できるのですが、ステージがⅢ期やⅣ期に達してしまうと手術だけでは完全に取り除けなくなり、進行がんと言われるようになります。ステージが進行するほど、5年生存率、10年生存率ともに低下します。

治療方針については、卵巣がんの名医とよく相談して決めましょう。説明を受けるだけではなく、自分の希望も病院側に伝えることが大切です。大別すると、外科療法、化学療法、放射線治療に分かれます。

外科療法(手術)には卵巣の切除、大網切除、後腹膜リンパ節郭清、腸管などの合併切除があります。手術の執刀は、卵巣がんの名医と呼ばれる専門医に任せることで、成功の確率を高めることができるでしょう。

化学療法とは抗がん剤を用いる治療で、癌細胞だけではなく、正常な細胞にもダメージを与え、副作用も起こります。代表的な副作用としては、血液中の白血球と血小板の減少や貧血、吐き気、食欲不振、脱毛などがあります。

放射線治療は高エネルギーX線を体の外から照射する外照射と、放射性リンの溶液を腹腔内に注入する方法があります。最近では、放射線治療より化学療法が用いられることが多くなっています。

卵巣がん名医のいる病院
闘病記を活用する方法もあるのですが、この場合に問題なのは、著者である患者さんの個人的な体験に基づく情報が多くなってしまい、客観的な情報が少なくなってしまいます。卵巣がんの名医がいる婦人科の病院を探す場合、これまでの治療実績を客観的に評価することが欠かせません。

卵巣がん名医のいる病院
卵巣がん名医には体の症状を治療することだけではなく、心のケアをすることも求められています。多くの患者さんと真剣に向き合ってきたからこそ、見えてくるものもあります。当事者の患者さんは、どうしても感情的になってしまうことがありますので、冷静に軌道修正する役割を担うのが、他ならぬ名医でしょう。


卵巣がん名医の見分け方

いくら卵巣がん名医がいても、暗く無機質な病院の雰囲気が苦手で嫌になってしまうという現状は改善してほしいものです。居酒屋チェーン和民が介護事業に参入していますが、医学界にも変革を促す新しい風が必要な時期に差し掛かっているのかもしれません。飲食店であれば接客業なので、どうやって顧客を楽しませるかということには心を砕いています。

卵巣がん名医からうける手術
身の回りの環境をシンプルにしていくと、卵巣がんの治療だけが残ってしまうという状況になることに気付きます。ただ生きるためにがんばっているだけで、生きる目的を満足に考えてもいないのです。もう若くはないのですから、いまさら人生設計をやり直すような年齢でもないはずなのですが。

卵巣がんの再発を防ぐには
完治と卵巣がん再発防止という両軸が確立されてはじめて、患者は安心して生きていけるというものです。病気が治ったら会社に戻って社会復帰を果たそうという人もいるのでしょうが、いつ発症するか分からない状態ではそれもままなりません。日本という先進国に生まれた利点を最大限に活かすためにも主治医とよく相談し、自分がどこに重点をおいて闘病生活を送るつもりなのかという思いを共有しておきましょう。

乳がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

乳がん名医を見つけることによって、より適切な治療を受けられる環境を整えましょう。主治医に名医を迎えることは、闘病生活において大きな助けになります。

発症しやすい年齢は40歳代後半となっており、死亡率は35歳以下になると高いと言われています。20人に1人が乳がんという事実を受け止め、他人事ではない事を知ってください。最近では、ピンクリボン運動などにより、検診の重要性についての理解が広まりつつありますが、まだまだ社会全般に定着していないのが現状です。

具体的な乳がんの症状としては、しこりや乳頭分泌、乳房の痛みや張るような感覚、皮膚の部分にかゆみやくぼみが現れるといったことが挙げられます。これらがすべて乳がんに直結するわけではありませんが、可能性としては考えておいた方がよいでしょう。

乳がん早期発見!毎月かんたん自己検診」といった自己検査キットも販売されていますので、そうしたものを利用するのも、一つの方法です。ただし、自己検査キットによって得られる結果は、病院で専門医から検診を受けるほどの精度の高さはないことは忘れないで下さい。

病院での乳がん検診では、マンモグラフィーと呼ばれるレントゲン撮影、乳腺その他の画像検査(超音波検査、MRI検査、CT検査)、穿刺吸引細胞診と針生検、骨のアイソトープ検査(骨シンチグラフィ)などを行います。これらの方法で早期発見を果たし、早い段階で名医を見つけておくことが、生存率を高めるために有効です。

病気(ステージ)は0期からⅣ期までに分かれています。このステージによって、治療の方法が変わってきますし、ステージが進むほど、完治が難しくなっていきます。ステージを分ける基準としては、乳房のしこりの大きさ、乳腺のリンパ節転移の有無、遠隔転移の有無があります。

治療方法には、外科療法、放射線治療、薬物療法があります。これらの選択は、できるかぎり経験豊富な乳がんの名医と相談して行うことが理想的です。

まず、外科療法では悪性腫瘍を直接取り除きます。乳房のしこりを切除する手術として、腫瘍核出術、乳房部分切除術、単純乳房切除術、胸筋温存乳房切除術、胸筋合併乳房切除術(ハルステッド法)があります。また、わきの下のリンパ節に対する手術には腋窩リンパ説郭清とセンチネルリンパ節生検があります。また、乳房再建術を行うこともあります。これらの手術は多くの執刀経験を持つ乳がんの名医に担当してもらうことが望ましいでしょう。

放射線治療は放射線照射を行った部分の癌細胞を死滅させるものであり、外科療法同様、局所療法です。放射線による副作用が生じることがあります。

薬物療法にはホルモン療法や化学療法、分子標的療法があります。外科療法や放射線治療が局所療法なのに対し、薬物療法は全身療法です。

ホルモン療法とは、女性ホルモンに影響されやすい乳がん(ホルモン感受性乳がん、またはホルモン依存性乳がん)に対して使う方法で、抗エストロゲン剤、選択的アロマターゼ阻害剤、黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤などを用います。ホルモン療法は、化学療法と比べ、副作用が軽いのが特徴です。

化学療法とは抗がん剤を用いる治療法です。注射薬や内服薬があります。薬剤によっても効果や副作用が異なり、体質との相性もありますので、専門医とよく相談して使用しましょう。

分子標的療法(ハーセプチン治療)とは、乳がん細胞の表面にHER2タンパクと呼ばれるたんぱく質を多く持っている場合、このHER2を攻撃する方法です。

これらの治療方法は単独で用いられるだけではなく、それぞれを組み合わせて行います。そのことを集学的治療と呼んでいます。どのような方法を組み合わせればよいかは、乳がんの名医とよく相談して、手術の際には乳房の温存などについても十分に話し合い、納得した上で治療に臨むようにしましょう。

乳がんの名医をお探しの方へ
乳がんに悩んでいる方にとって、どれだけ信頼できる名医を見つけられるかということは、生死に直結する重要な問題です。それだけに、簡単に妥協できるような気楽な問題ではありません。

乳がん名医ランキングの活用法
タイミングが悪かったのかもしれませんが、年中乳がん名医や手術に定評のある病院が紹介されているとも思えません。必要とする時に、偶然目にすることができるという可能性もあります。世の中には幸運も転がっていますから、そうしたこともなくはないでしょう。

乳がん名医のいる病院で治療を受けるには
こうして考えると、闘病記によって乳がん名医がいる病院を探すことには、困難が付きまといます。もちろん、この方法もまったく使えないわけではありませんが、最短距離からは程遠いのではないでしょうか。時間が経つと症状が進行してしまうことを考えると、賢い選択とは思えません。

名医の乳がん手術
乳房切除術に対して、乳房温存手術その名の通り、乳房を残すことができるという意味で、多くの患者の希望にかなったものと言える。乳房温存手術は腫瘤摘出術、乳房円状部分切除術、乳房扇状部分切除術に分類される。腫瘤摘出術はしこりを切除するもので、乳腺の損傷が小さなものになる。

乳がん手術は怖くない
本来、医師にはカウンセラーの役割もありますので、患者さんの持っている心細さを緩和することも大切な仕事であり、名医ほどそのような繊細さを持ち合わせています。様々な治療方法の中でも、乳がんを手術するというのは、もっとも気がかりになってしまう方法でしょう。

乳がんの名医がいる病院の検索

優秀な専門医を見つけることの効能は、ただ正確な治療を期待できるというだけではありません。十分なカウンセリングを経験豊富な乳がんの名医から受けることによって、今後の人生設計を含めて、納得した治療方針を作り上げていくことにもなるのです。

乳がん名医のいる病院
女性としての行き方に影響を与えるだけに、乳がんの名医に求められる能力は甘くはありません。多くの患者さんが、完治だけではなく、身体をできるだけ元のまま維持しておきたいと願っています。場合によっては、乳がんの手術によって、やむを得ず期待に沿えないことを告知しなくてはなりません。

膀胱がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

膀胱がん名医の力を借りて克服し、再び元気な身体を取り戻しましょう。治療の質を確保するためにも、名医の存在は重要です。

発症率としては、人口10万人当たり10人程度で、男女比はおよそ3:1で男性に多く、60歳以降の方に多い傾向があります。膀胱がんは比較的死亡率が低い癌となっています。予防方法としては、原因となる喫煙等の習慣を遠ざけるほか、水分を多めに摂取することが挙げられます。これは、尿中の発ガン物質の濃度を薄め、早い段階で体外に排出することができるためです。

早期発見のために朗報なのが、膀胱がんは初期症状の段階で発見しやすいことが挙げられます。主な症状としては、血尿や頻尿、排尿痛をはじめとする膀胱炎症状があります。血尿の場合には、尿のすべてが赤くなる全血尿よりも、排尿の終わりのみ赤くなる終末血尿が多いため、最後だけの場合でも油断はできません。

検診の方法には、膀胱鏡検査、尿細胞診、レントゲン検査、超音波検査、CT検査、MRI検査があります。すべての方法で膀胱がん検診を行うわけではなく、必要に応じてそれぞれを組み合わせることになります。この検診によって初期症状の段階で発見することは、名医を見つけることと同様に重要です。また、病期(ステージ)は9段階に分かれています。

治療は膀胱がんの名医が主治医であることが望ましいことは変わりませんが、進行度や悪性度によって方法が変わってきます。まず、表在性がん(早期癌)の治療としては、経尿道的腫瘍切除術(TUR-Bt)、TUR-Bt+膀胱内注入療法、膀胱全摘除術を用います。

浸潤性がんの治療には、膀胱全摘除術と尿路変向術の組み合わせや化学療法と放射線治療の併用を行います。進行転移がんの治療としては、全身化学療法や対症療法を使います。治療方法の選択によって、症状の改善の仕方も変わってきます。膀胱がんを名医と治療することで、精度を上げることができるでしょう。

また、完治したはずでも膀胱がんが再発する可能性がありますので注意が必要です。膀胱内での再発のほか、遠隔転移したものが見つかる可能性もあります。主治医の指示に従い、再発を警戒して検査を受けることは怠らないでください。

膀胱がん手術はここに注意
ハンドルには遊びがありますから、わずかに左右に回したぐらいでは進行方向が変わりませんが、スピードを出している時に急に回転させてしまうと、制御がきかなくなってスピンを起こしてしまいます。これは闘病生活の中でも見られる現象で、病院で治療を受けるからといって、何も知らずにいると、いつのまにか自分ではコントロールできない状態になって、膀胱がんの手術の目的や予想されるリスクなど手の届かないところに言ってしまっていることがあります。

膀胱がんの名医がいる病院をお探しの方へ
悪性腫瘍の早期発見が大切なように、膀胱がんの名医も早い段階で見つけておくことが必要です。タイミングが遅れれば、せっかくの苦労も水泡に帰します。そうならないように、余計な遠回りをすることは避けなくてはなりません。

膀胱がんの名医はこうして見つける
たった一度の人生です。悔いが残らないように生きなくてはなりません。病床に伏して後悔していることを数えながら晩年を迎えるなど、悲劇です。膀胱がんの名医に相談して、回復させることができるか、完治は可能かを見極めましょう。

喉頭ガン
膀胱ガン(膀胱癌) 日本冬虫夏草. 胃ガン(胃癌) 日本冬虫夏草. 膵臓ガン(膵臓癌) ... その分野の名医がいると聞いてますから娘に相談してみましょう』 なんでも娘さんは看護の勉強のために海外留学までされた方で、名医とは、海老原医師です。 ...

がん治療最前線!フコイダンの真の力
フコイダンがなぜ癌に効くのでしょうか。 ... 全国のガンの専門病院の名医. がん治療の名病院. 食べてがんを治す ... 泌尿器がん(前立腺がん、腎臓がん、膀胱がん) 肝胆膵がん (肝臓がん、 ...

埼玉医科大学病院専修医コース(後期研修)〈泌尿器科〉
連携研修施設の国際医療センターでは悪性腫瘍に特化した包括的がんセンターの一部門として腎臓癌・膀胱癌・前立腺癌に代表される泌尿器科悪性腫瘍の診断・治療を行っている。 ... 担当者名 医局長 :中平洋子

皮膚がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

皮膚がん名医は高いレベルの治療を受ける際に、欠かせない存在です。名医の助けを受けながら、完治を目指していきましょう。

紫外線が皮膚がんの原因になることは広く知られていますが、その他に放射線や熱傷瘢痕も原因となります。また、皮膚のどの組織細胞から発生したかで多くの区分があり、表皮の基底層の細胞から発生した基底細胞がんと、有きょく層から発生した有棘細胞がんが多くなっています。表皮内にとどまっている場合には表皮内がんと呼ばれ、この段階なら転移の心配はありません。転移を起こしやすいものとしては、色素生産細胞が悪性化した悪性黒色腫(メラノーマ)があります。

治療には早期発見が必要ですが、皮膚がんは体の表面に症状があらわれるため、発見しやすいという特徴があります。症状としては、表皮内がんの場合では褐色や赤褐色の発疹などができます。有棘細胞がんは男性の方が多い傾向があり、腫瘍や潰瘍ができ、膿を持つこともあります。基底細胞がんは頭や顔に発生し、ほくろに似たものができて、やがて腫れとなります。悪性黒色腫(メラノーマ)は色素斑や隆起を伴います。

皮膚がんの検査としては、専門医の問診のほか、病理組織学的検査、迅速組織検査、細胞診検査、胸部X線検査や腹部超音波検査、全身シンチグラム、CT検査、MRI検査などが行われます。

他の多くの癌と同じように、治療の中でも中心となるのは手術です。その他に抗がん剤や放射線治療があり、これらを組み合わせて用いることもあります。治療方針の決定については、名医と相談することが好ましいでしょう。また、セカンドオピニオンを取り入れることもできます。

どのような治療方法を選ぶかによって、当然ながら成功率や妥当性、副作用の出方が異なります。皮膚がんの名医と呼ばれる専門医がいる病院を見つけ、安心の治療を受けましょう。

皮膚がんの名医と完治のための基礎知識
放射線療法は高エネルギーX線などの放射線を照射する方法で、外照射と腔内照射に分類されます。化学療法とは抗がん剤を用いる方法で、皮膚がんの場合には局所化学療法を用いることが一般的です。

皮膚がん名医と権威と
未来への投資は必要ですが、その未来がいつのことであるのかをよく認識することが必要です。権威や皮膚がん名医を見つけるということは、すぐにでも実現させなくては、完治の可能性が時間の経過とともに下がっていく一方なのですから、余裕があるものではありません。

皮膚がんの権威
たとえば、抗がん剤の投与により治療をするということであれば、効果を高めるだけではなく、副作用をいかに小さく抑えるか、患者の体質や病気の進行度合いとの相性はどうかということが検討材料になります。経験だけでは限界がありますし、蓄積や共有もできません。理論に基づいた研究を皮膚がんの権威が行うことにより、これまでの医学経験が共有され、そこから進化が起こります。

末期皮膚がんの行き着くところ
即効性のある末期皮膚がんの特効薬が発見されれば、世界中で一大旋風を巻き起こすことでしょう。ノーベル賞を受賞できるかどうかはわかりませんが、画期的な新薬の誕生は、多くの患者が切望するものです。まだ手遅れにならないうちに、そんな大発明が成功することを願います。

皮膚がんの食事療法の問題点
告知を受けるまでは聞きなれなかった皮膚がんの食事療法が気になるようになったのは、それだけ深刻な危機感を持つようになった証拠でしょう。人間は興味のあるものは目に入りますが、必要のない情報は視界に入ってもわざわざ認識しないものです。

肺がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

肺がん名医に治療してもらって、健康な生活を取り戻しましょう。転移が進んでいるような場合を除き、多くの場合に名医と共に完治や延命を目指すことができますので、落ち着いて処置を行うことが必要です。

まず、肺がんの原因としては、タバコがもっとも大きなものとなっています。自らタバコを吸う場合はもちろん、受動喫煙でも原因となります。他にはアスベスト、シリカ、ヒ素、クロムなども発症のリスクを高める原因です。

症状としては、胸痛や呼吸時の異常な音、咳、息切れ、血痰、声がかれるといったことが一般的です。これらの肺がんの症状は風邪と似ており、初期症状のうちには誤解してしまうこともあります。このような症状が続くようなら、病院で検査を受けた方がよいでしょう。

病院に行って肺がんの検査を受ける際には、細胞検査や気管支鏡検査、穿刺吸引細胞診、CTガイド下肺針生検、胸膜生検、リンパ節生検、CT検査、MRI検査、骨シンチグラフィ、PET、腫瘍マーカーなどを用います。生検とは、病巣の一部を針で採取し、病理医が顕微鏡で観察して診断を下すものです。

病期(ステージ)としては、非小細胞がんの場合には潜伏がんと0~Ⅳ期に分類されています。小細胞がんは潜伏がんと0~Ⅳ期という分け方のほかに、限局型と進展型に分類されることもあります。

治療は他の多くの癌と同じように、手術による外科療法、放射線治療、抗がん剤を用いる化学療法が中心となります。それ以外に内視鏡治療(レーザ治療)や免疫療法、食事療法などを用いることがあります。

肺がんの手術が行われるのは、比較的早期の場合です。転移が進んでしまうと、名医であっても手術を行うことが難しくなり、仮に手術を行っても切除しきれない部分が残り、再発の危険が高まります。また、術後に抗がん剤を用いることもあります。

放射線療法はその名の通り、放射線によって癌細胞を死滅させるものです。脳へ転移することを予防する目的で脳放射線治療を行うこともあります。手術と放射線療法は、局所療法とされており、全身療法の化学療法と区別されます。

化学療法は抗がん剤を静脈注射、点滴静脈注射、内服によって取り込みます。肺がんの抗がん剤としては、シスプラチン、カルボプラチン、ネダプラチン、マイトマイシンC、ビノレルビン、イリノテカン、パクリタキセル、ドセタキセル、ゲムシタビン、ティーエスワン、ゲフィチニブ、エトポシド、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、イフォマイド、アムルビシンなどがあります。

これらの治療を経験豊富な肺がんの名医から受け、完治を目指しましょう。また、治療に先立って説明を受けることになりますが、不明点や気になることは必ず質問しておきましょう。曖昧なまま同意してしまうことはやめてください。

大腸がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

大腸がんなら名医に治療してもらうことが理想です。命に関わる病気であることを考えると、名医の存在を無視するわけには行かないでしょう。男性の方が女性よりも発症する確率・死亡率ともに2倍ほどあるので、男性はより切実に考えなくてはいけません。

発症したとしても、大腸がんの症状として特別なものがあるわけではなく、血便や残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなどがあります。初期症状の間に見つけることが生存率を高めるためには重要なのですが、痔などのほかの病気と混同して受診が遅れてしまうことも多くあります。初期症状の段階では、あまり自覚症状がないことが通常です。

大腸がんの検診では、便潜血反応や注腸造影検査、大腸内視鏡検査、腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)、画像診断(CT検査、MRI検査、超音波検査、PET)などを用います。検診でこれらのすべてを用いるのではなく、注腸造影検査や腫瘍マーカーを計測する血液検査で異常が疑われる場合に他の方法で調べるといったように、一部のものを組み合わせていくことになります。

治療には内視鏡的治療や外科療法、放射線治療、化学療法があります。大腸がんの内視鏡的治療内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)と内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)があり、これらで切除した病変を観察することになりますが、その結果次第では、手術が必要なく治療が済む場合もあります。

大腸がんの手術にはいくつかの術式があります。結腸がんの場合には、機能障害がほとんど起こらず、結腸切除術が行われます。直腸がんの手術としては、自律神経温存術や肛門括約筋温存術、局所切除があり、必要に応じて人工肛門を作ることになります。

この他に、開腹を伴わず、お腹に小さな孔を数箇所開けるだけで済む腹腔鏡手術を行う場合もあります。腹腔鏡手術は、体にかかる負担が少ないという利点があるのですが、高度な技術を要するため、大腸がんの名医に執刀してもらうのがよいでしょう。十分な経験を積んでいない専門医では十分に運用できない可能性がありますし、そもそも病院によっては腹腔鏡手術を実施していない場合もあります。

放射線療法とは、放射線の照射によって癌細胞を死滅させるものです。大きく分けると、大腸がんの手術が可能な場合に、再発の抑制や病変のサイズを縮小することなどを目的にする補助放射線療法と、手術ができない場合に痛みや出血を緩和することや延命を図る緩和的放射線療法があります。

化学療法では、大腸がんに抗がん剤を用いることになります。使われる抗がん剤としては、フルオロウラシル(5-FU)、ロイコボリン、イリノテカン(CPT-11)、オキサリプラチン、UFT/LV、UFT、S-1が代表的なものです。

大腸がんには病期(ステージ)による分類があります。ステージの分類としては、デュークス分類とTNM分類があります。どちらでも共通していることは、末期に向けてステージが進行するごとに5年生存率が下がっていくということです。名医が力を尽くしても、末期に至ってからでは助からないこともあります。その意味でも、早期発見は重要なことです。

大腸がんを完治させるために
大腸がんが再発することを予防するために、放射線治療や抗がん剤を用いることがあります。たとえば、術後補助化学療法では、手術を行った後に抗がん剤を投与します。これらを行うことによって、完治の可能性を高めるのです。

大腸がん名医と呼ばれる専門医のいる病院
また、闘病記を活用する方法もあります。闘病記に大腸がん名医や病院についての記載があることもありますので、それを探すのです。闘病記は患者さんが書いているもののため、口コミに近い性質の情報を集めることもできます。

大腸がん検査や治療の疑問相談室
いくら初期症状でも大腸がんを告知されることはショックだと思います。しかし、初期の段階で見つけることができたというのは、不幸中の幸いといえることです。末期に至ってから見つかってしまっても、治療の効果が薄いことが多いのです。

大腸がんの放射線治療にあたって知っておいてほしいこと
あまりにも毎日の痛みがひどいと、生きていても苦痛になってしまいます。たしかに大腸がんの放射線治療は有効な手法ではありますが、必ずしもベストな選択肢であるとは限りません。そのため、十分な話し合いと現状把握をしていなくては、最善の治療方針を確立することはできません

大腸がんの名医を探しているなら
結腸がんの手術についてはリンパ節郭清によって、リンパ節とともに結腸を切除します。直腸がんの手術は進行の程度によって自律神経温存術や肛門括約筋温存術、局所切除などがあり、人工肛門を設けることも検討します。

癌(がん・ガン)の基礎知識
そのため、定期的に検査を受けておくことが大腸がんの初期症状を見逃さないために有効な方策となります。健康な状態が続くと、それが永続すると錯覚しがちです。事態は常に変化しているのに、現在の世界が安定しているかのような行動を取ってしまいがちなので、少しぐらい体調が悪くても、検査に行くのが遅れがちだという事実もあります。

前立腺がんの名医について


ガン治療に最も効果的な食事法

前立腺がん名医を探すなら、泌尿器科の病院も対象になります。泌尿器科の名医が前立腺がんの名医であるとは限りませんが、確認するだけの価値はあるでしょう。

一般に、前立腺がんは65歳異常の方に多く見られます。進行が緩やかである上、高齢になってからの発症が多いため、寿命に影響を及ぼさないこともあり、あえて積極的に治療を行わずに待機療法を選択することもあるという特徴を持っています。

ただし、すべての前立腺がんが寿命に悪影響がないわけではありませんので、基本は初期症状のうちに早期発見をし、治療を開始することになります。その際、治療を名医から受けることができれば、質の高い医療を享受することができるでしょう。

検査としては、PSA検査や前立腺生検、CT検査、MRI検査、骨シンチグラムなどがあります。PSA検査とは、前立腺特異抗原(PSA)という腫瘍マーカーを使う方法で、PSA値が異常を示していると、前立腺に異常をきたしていることが多いため、重要な指標となります。ただし、他の癌における腫瘍マーカーと同じように、万能なものではなく、PSA値の異常と癌の発生が必ずしも結びついているわけではありません。

生検査では、針で組織を採取して、顕微鏡で観察することで癌細胞の有無を調べます。CT検査やMRI検査では、癌の有無や存在する場所、転移の状態などを調べます。骨シンチグラムでは、骨の異常があるかを判定することで、骨転移を検査します。

検査で前立腺がんが見つかると治療に移ることになりますが、前述の待機療法の場合には、経過を観察しながら、あえて治療を行わないことになります。他の方法としては、手術や放射線治療、化学療法、内分泌療法があります。どのような方法を採用するかによって、症状の改善のされ方が変わってきますので、名医とよく相談して決めましょう。

手術を行う場合には、恥骨後式前立腺全摘除術と会陰式前立腺全摘除術があります。手術を行うことによって、排尿障害や性機能障害が起きることもありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

放射線治療や抗がん剤を用いる化学療法にも、それぞれ副作用がありますので、症状の改善や余命の延長の効果と、副作用による体への負担とを秤にかけて考える必要があります。なお、放射線治療には、体の外から放射線を照射する外照射法のほかに、密封小線源療法(組織内照射法)を用いることもあります。

内分泌療法はホルモン療法とも呼ばれ、精巣を切除するか、LH-RHアナログや抗男性ホルモン剤などを用いることによって男性ホルモンを遮断する治療法です。内分泌療法は転移のある場合に適用されるため、手術ができない場合でも使えることがあります。副作用としてはホットフラッシュと呼ばれる現象が一般的で、急な発汗やのぼせなどが生じます。

治療方法の選択は、患者さんの年齢や全身状態、病期(ステージ)などを考慮して決定することになります。前立腺がんの名医から納得がいくまで説明を受け、不明点はそのままにせずに質問しておきましょう。

前立腺がん手術を名医から受けられる病院
そのため、生存率は前立腺がん治療のレベルを計る指針としては、不十分であるということになります。結局のところ、たった一つのデータで専門医や病院のレベルを知ることはできないというのが、実際のところでしょう。複合的な評価基準で名医を判定するしかありません。

前立腺がんの名医はこうして見つける
抗がん剤や放射線治療にせよ、手術にせよ、初期の段階で行うことが有効です。前立腺がんの名医と二人三脚で戦うにしても、できるかぎり有利な条件で病気と戦うにこしたことはありません。そのためにも、定期的な検診等が必要になるのです。

前立腺がん名医と呼ばれる専門医
他にも前立腺がん名医を探す方法はいくつかありますが、それぞれに問題を抱えているのが実態です。闘病記や雑誌の特集、知人からの紹介について、それぞれの方法について説明していきましょう。

前立腺癌名医100選
人探しをする時、何か手がかりがなければ探偵にでも頼むぐらいしか方法がないのと同じように、前立腺癌名医を見つけようにも心当たりがないのであれば、専門家に頼むか、手がかりとなる情報を集めるしかありません。あいにく、名医を捜索する専門家と言う職業はないので、情報を収集することになるでしょう。そこで得られた情報をもとに、自らの足で見つけると言うことになります。

名医に前立腺がん治療を受けましょう
名医に前立腺がん治療をしてもらうことによって、症状を大きく改善することができるのであれば、転院するだけのメリットがあると考えることができるでしょうか?もし、今のままでも完治することができる見通しが立っていて、それほど期間も長くはないというのであれば、あえて主治医を変える必要はないかもしれません。

世界が癌の名医を必要としている


ガン治療に最も効果的な食事法

日本だけではなく、世界中で癌が大きな問題となっています。今に始まったことではないとはいえ、死因の第一位になったことは、大きなインパクトを持って報道されることになりました。悪性度の強いすい臓がん肺がんを始め、女性の病気である子宮がん乳がん、対照的に男性に特有の前立腺がんもあります。また、食事と大きな関わりをもつ胃がん大腸がんも深刻な問題です。

日本人だけではなく、世界で大きな問題となっていることは注目に値するでしょう。

以下Yahooニュースより引用
世界の死因、がんが2010年にトップに
12月10日15時38分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081210-00000580-reu-int

 [ワシントン 9日 ロイター] 世界保健機関(WHO)の付属機関である国際がん研究機関は9日、貧困国の喫煙率上昇などで、がんが2010年に心臓病を抜き、世界全体の死因トップになるという研究報告を発表した。
 それによると、今年度にがんと診断された人の数は世界全体で推定1240万人で、これが2030年までに2640万人に増えると予想。また、がんによる死亡も今年度の760万人から1700万人に増加するとみている。
 男性では肺がん、女性では乳がんが最も多く、女性よりも男性の方が、がんで死亡する数が多いという。
 がん患者とがんによる死亡が増加している要因は、多くの国で高齢化が進んでいること、また貧困国で喫煙率が上昇していることが挙げられている。